脇の黒ずみ対策チェキ(`・ω・´)ゞ > 脇のブツブツの原因 > 脇の下にブツブツ…原因は自分でやるムダ毛処理?

脇の下にブツブツ…原因は自分でやるムダ毛処理?

記事入れ230
脇の下のブツブツ、気になりますね。いつもは服に隠れているけれど、なにかの拍子に人目に触れたりしたら、恥ずかしいものです。
キレイに洗って、ムダ毛処理もしているのに、全体的に黒っぽくなっていたり、黒いぶつぶつや、チキン肌だと、ほんとにどうしていいのかわからなくなってしまいます。
自分自身では一生懸命にムダ毛処理しているつもりなのかもしれませんが、そのムダ毛処理方法は、間違っているかもしれませんよ。
自己流でのムダ毛処理法には、危険がいっぱいなんです。

脇の下が黒っぽくなったり、ブツブツになる原因は、ほとんどが間違ったムダ毛処理法によるものなのです。
トラブル別に、どのような脱毛処理の仕方が原因になるのかを説明してみます。

隆起した黒いブツブツの原因

隆起した黒いブツブツの正体は、皮膚の下に埋もれてしまった毛なのです。これを「埋没毛」といいます。よく見ると、中で毛がとぐろを巻いているのが分かると思います。
毛抜きでの処理、脱毛テープでの処理、カミソリでの処理等をすることによって、起こる症状です。毛を無理に引き抜くことで、毛根の一部を残したまま毛を抜き去り、いくらか時間が経って残った毛根から発毛した際に、毛穴がふさがってしまっていて、埋もれてしまうのです。これは、皮膚を破って中から毛を引き出して抜いても、何度でも埋没毛として同じものが同じ場所に出来てしまうのです。
何度も皮膚を破って、毛を取り出して抜いていくうちに皮膚が色素沈着していくのが問題です。エステかクリニックでの処置が一番オススメです。

ブツブツしたチキン肌

スーパーで売られている鳥の皮のようになってしまった肌のことです。
特に毛抜きでの脱毛をした場合に、なりやすい肌トラブルです。他にも脱毛テープなど、引っ張ることで肌が刺激を受けて、このようになるのです。
保湿を重点的に行い、ターンオーバーを繰り返すことで症状が軽減していくので、無理な脱毛は控えないといけませんね。

黒ずみ

ワキの黒ずみは、いろいろな原因が考えられます。
カミソリでの処理、毛抜きでの処理、脱毛テープでの処理、刺激の強い薬剤を使った脱毛クリームの使用等が、ムダ毛処理をした場合には挙げられます。
他には、化学繊維の下着などの擦れ、汗をかいたまま放置してしまうことからくる蒸れ、制汗剤の多用による肌への刺激などが理由で、肌がダメージを受けてしまいます。ダメージを受けてしまった肌はターンオーバーが乱れ、古い角質がいつまでも残ることで、どんよりと黒ずんでくるのです。肌を守ろうという働きからメラニン色素が増えてしまうので、刺激を与えないことが重要です。

いくらムダ毛がなくなったといっても、黒ずんだ脇では恥ずかしくて、人に見せられませんよね。
肌に負担をかけない、肌にダメージを与えない脱毛をしなければいけませんね。